結婚指輪の定義、由来、相場、準備する時期についてご紹介しています。
Show MenuHide Menu

Category Archives: 結婚指輪では何が重要か?

結婚指輪にパールを使いたい

2016年2月18日

パールが好きで、できれば結婚指輪にもパールを使ったものが欲しいという人がいます。

婚約指輪ではなく、結婚指輪です。

結婚指輪には比較的変色しやすく硬度の低いパールのようなデリケートな宝石はあまり向きません。

というのも結婚指輪は毎日身に付けるものなので、あっという間にパールがダメになってしまうリスクが高いからです。

パール好きな女性の場合、結婚指輪ではなくて記念品としてパールを贈ってもらうか、婚約指輪でちょっと良いパールのリングを購入するというのが無難のようです。

パールは毎日つけるタイプの宝石ではないんですね。

店頭でもパール類はしっかりしたケースに入った状態で、外に出してディスプレイするところは少ないものです。

太陽の光や水に弱く、変色しやすいからです。

また、パールはその粒の形や大きさも美しさをはかる基準になります。

リングに加工するとぽっこりとして、それだけぶつかったり、引っかかったりすることが多くなります。

婚約指輪としてのパールですが、現在ではやはりダイヤモンドを好む女性が多く、パールリングよりも人気があります。

ただパールは正装の時などTPOを選ぶ宝石ですが、ダイヤモンドには凡庸性があり、いつでもどんな集まりでも、あまり極端に大きなものでなければ、つけていくことができます。

そういった点でも現代的なんでしょうね。

他にも自分の誕生石をどうしてもリングに使いたいという場合には、リングの裏側に埋め込むデザインがあります。

激安結婚指輪の意味

2016年2月18日

結婚指輪は要らないというと、いや、結婚指輪は形だけでも必要だからとりあえず買うようにと言われ、混乱してしまったという人がいます。

身に付けるアクセサリーの類が苦手で、どうせ買うならちゃんとした高価なリングが欲しい。

中途半端なものはつける気もしないけれど、今は経済的に厳しい。

そこで、現在の状況を考えて結婚指輪は省略しようと考え、将来良いものを買えればいいと考えたのですが、結婚式の最中には指輪交換があり、写真撮影などでは指輪のアップで撮影するショットがあるということで、ないわけにもいかないと親に説得されてしまいました。

カップルで相談した結果、形だけなら数千円のリングでもいいから、とりあえず結婚指輪を買っておこうということになったのです。

しょうがない、5千円の結婚指輪を買おうという彼に、やっぱり何か腑に落ちないものを感じてしまったという話です。

5千円の結婚指輪を買う意味ってなんだろうと考え込んでしまったんですね。

結局、親が言う冠婚葬祭の時には結婚指輪をつけて人前に出てほしいという希望も、そもそも指輪が苦手で身に付けることがないので、どうして必要かわからないと思ってしまったそうです。

結婚指輪はしているか、していないかということで判断するなら、形だけの安価なリングでもつけてさえいればいいという考え方があるんですね。

結婚指輪をしていないと、あれ、ご結婚はまだでしたか?という感じで、独身扱いされてしまうというようなことで。

男性の場合には、リングをつけて既婚者であることを表すこともありますから。

エタニティを選ぶか、外すか、デザイン選びの話

2016年2月18日

流行のエタニティやハーフエタニティの結婚指輪は、毎日の家事には向かないなどとも言われます。

やはり複数のダイヤが入ったデザインは、華やかで現代風なかわいらしさがありますね。

日常使いでも安心な爪なしのタイプはひっかかることもなくて快適につけられます。

デザインにこだわりのあるオシャレな女性の結婚指輪というイメージがあり、ジュエリーもつけなれた人が選ぶブライダルリングとも言えるでしょう。

エタニティを結婚指輪に選ぶことができる環境というと、男性側にも理解があり、毎日の家事などもそれほどきつくなくて、比較的高額になる女性らしいデザインの結婚指輪を贈られる女性という恵まれた女性という印象もあります。

デザインのかわいらしさにプラスして、やはりブライダルジュエリーにはそれを選ぶカップルの姿が透けて見える部分があります。

エタニティは有名芸能人のカップルが選ぶデザインとしても知られていて、ぱっと華のある女性が選ぶイメージもあります。

エタニティを選ばない女性というと、毎日の生活には豪華すぎる、石をいためたり落としたりする気がするからシンプルなデザインを選ぶ、家事や育児に向かない、はずしたり、つけたりするのもなくしそうなどの現実的な場面を想定して、欲しかったし買えたと思うけれど、あえて選択肢から外したという人が少なくないです。

現実的で堅実な女性は、エタニティは避ける傾向があるようです。

結婚指輪のデザイン選びって奥が深いですよね。

結婚指輪を買わない選択

2016年2月18日

結婚指輪も婚約指輪も欲しくない女性がいます。

女性はみんな高額のブライダルリングを欲しがっているものだ、借金してでも買わないとというプレッシャーを感じている男性もいるのかもしれませんが、あなたが選んだ女性は、あまり装飾品に興味もないし、それよりもっと現実的に新居に引っ越すためのお金を貯金したいとか、新婚旅行にお金をまわしたいとか、考えているかもしれないということです。

時々、正式な結婚の話が出ているけれど、相手の気持ちを考えると、結婚指輪は要らないなぁと思っているけれど言いにくいという人がいます。

相手の気持ち、相手の親御さんの気持ちなどを考えると、多少無理をしても買いに行かないといけないと思っているという人もいますから、直接対話をして、お互いに結婚指輪をどうしたいか、婚約指輪を買うか買わないか、話しをした方がいいでしょう。

この際に注意をしたいのは、カップルの間で話し合って出した結論は、外野の意見に惑わされてはいけないという点ではないでしょうか。

結婚指輪は要らないという結論になるには、カップルなりに理由があるわけですから、周りが良くわからないで、いろいろ言う必要もないことだと思います。

現実的には、なんで結婚指輪くらい買わないの?という意見が必ず出てくるものだと思います。

金属アレルギーでつけられないから、仕事の関係上買ってもつけないから、代わりにお揃いの時計を買ったから、結婚式自体をやらないから、今は買わないけれど、近い将来に買うことにしたから、カップルによって、買わない選択をするにはそれなりに理由があることも多いですよね。

自分の好みに合わせて結婚指輪を選ぶ

2015年10月11日

人それぞれ、好みは違います。

とにかくかわいい物が好きな人もいれば、ナチュラルなものがいいと言う人、または個性的なものでみんなと同じものは嫌という人もいるでしょう。

read more …